箔押し(ホットスタンプ)について

ホーム » 箔押し(ホットスタンプ)について

箔押し(ホットスタンプ)について


箔押しとは、ホットスタンプとも言われ、熱と圧力でフィルムにコーティングされた色彩を素材に熱圧着させる印刷加工です。(このフィルムが箔です)

箔押しの最大の特徴は、インクでは表現する事がとても難しいメタリック感(金属光沢)が表現できる為、豪華さや高級感を持たせる事が出来る事です。

箔には、金・銀・メタリックなどの蒸着箔や、色箔の顔料箔が使用されていますが、多色転写箔・ホログラム箔・ヘアライン箔などの特殊箔もあります。
※ 詳しくは箔メーカー様のHPをご覧下さい。

また、加工面が落ちにくく、仕上がりがとても美しいので、豪華さや高級感のイメージを必要とする化粧品容器やキャップ、ノベルティーグッズ、文房具、ギフト商品、記念品など、人にあげたり、長く残しておきたい商品に良く利用されています。


箔押し(ホットスタンプ)の効果や特徴


インキでは表現出来ない上品な輝きで、メタリック感(金属光沢)や上質な高級感が得られます。

箔の輝きは角度によって光が動いて見えるので、躍動感があり、人の目を集めることができます。

箔には溶剤はありませんので、乾燥工程も不要であり、転写した瞬間に直ぐ製品になります。

プラスチック製品をはじめ、紙・革・木など各製品の幅広い素材に加工が可能です。


ページトップに戻る